【SPIEWAK スピワック M65フィールドジャケット ブラック アウターJKT 古着 メンズS 実寸US38-40 日本サイズL位】

販売価格 21,384円(内税)
購入数

スピワック/Spiewak、ジャケット/アウターjkt

ニューヨークにヘッドクォーターをもつ1904年創設のアメリカの老舗アパレルブランド。
WW気ら朝鮮戦争にかけたUSミリタリーウェアのコントラクター。
政府、企業のアウターウェアのユニフォームをサポートするspiewak golden fleeceは有名。

アイテムは軍ものM41フィールドジャケットを皮切りにM52フィールドjktまで生産したキャリアのspiewakが放つM65フィールドジャケットモディファイド。

マチ付き胸のパチポケ。
裾ポケには、フラップ、スラッシュ側ともに保温性の高いフリーススレキを採用。

メインはダブルステッチ、要所のトリプル。
ダブルエルボー、ダブルアームピット。

センターバックとエポレット下の肩の補強には、ライナーとの間に縦に当て生地を入れ、ダブルステッチが2本(いわばトリプルの上である4本”クアドラプル”ステッチ)入る。

各種ポケットには面ファスナーではなくスナップボタン ― 当然の如く”I.SPIEWAK & SONS INC”の文字(これやるブランドはほとんどありません、、てか、お金かかってできない。)。

右腕のフライングラム刺繍は単に均一ではなく(ムラがあるというわけではありません)、胸とお尻は盛り上がり、翼は羽の凹凸をつけた圧巻の出来栄え。

フライングラムの刻印押しのレザープルタブ付きダブルジッパーはヘビーな黒ラッカーのYKK VISLON ― 内の比翼に装着されたファスナーによって風をシャットアウト。

袖先にはマチ、カフスの面ファスナー、ここにもフライングラムが刺繍が(スゴ)。

襟に収納されたフードの形は、ツバとドローコードが付いたゴアテックスパーカのそれに似た形状。

クールビューティなブラック ― やさしいツヤのあるコットンナイロン生地。

ライナーは胸回りはメッシュ、その他袖に至るまで渋いダークオリーブ色の細かなリップストップ生地。

サイズはメンズS ― 実寸日本サイズL位/US38-40、身長〜180cm位までの普通体型の方まで着用可能。
*(中にロンTを着ての)着用男性 - 身長181cm、胸囲101cm。普段アウターでUSM/40。

ショート丈はストリートだけではなく車の運転やチャリ走行時にも調子よさそう。

ディテールに拘った上で、遊び(心)も忘れない洗練されたハイクオリティアウター ― このまま無骨シルエットに変えれば間違いなくミリタリーウェアとしていけるでしょうね(ライナーのメッシュは外さないとか。)。

国内外ブランドで多くのモディファイされたM65フィールドジャケットがプロディースされていますが、spiewakの右にでるものなし。

着用感極少。
古着に慣れた方なら、十分着用して頂けます。
*古着に慣れていない方、新品同様のモノをお探しの方はお勧めしません。

ブログ(013017)に詳しい画像を掲載しておりますので、ご参考ください。

*画像により、光りの加減によって、黄色っぽく写っている部分はよごれではありません。
*PC環境により、画像と実物に多少の色の違いが生じる場合がございます。

*ブランド: spiewak
*生産国: china(販売国usa)
*推定年代: 10s
*素材: cotton, nylon, polyester
*カラー: black
*コンディション: ★★★★.5
*実寸サイズ(表記s)
 肩幅: 44cm
 胸囲: 50.5cm
 着丈: 71cm
 袖丈: 64.5cm
*サイズは平置きでの採寸です。
胸囲は2倍にしてご参考ください。

サイズ
必ず実寸サイズをご覧下さい。表記サイズはメーカー・ブランド・原産国・年代によって異なります。
商品詳細ページの説明文の下に記載をしております。お手持ちの洋服と比較していただくと分かりやすいかと思います。
基本的に実寸サイズは平らな場所で測っております。測り手による若干の誤差はご了承願います。

コンディション
商品を5段階で表記しております。下記の説明をご参考ください。
なお、商品は特別な表記がない限りUSEDの1点ものです。それぞれ経年による細かいシミ、すれ、ほつれ、小さい穴、着用感など記載しきれないところもありますので、ご了承くださいませ。
★★★★★デッドストックもしくは未使用に近い綺麗な状態
★★★★使用感やダメージがほとんど目立たない奇麗な状態
★★★使用感はあるが比較的良好な状態
★★着用に問題はないが目立つダメージがある状態
★大きく目立つダメージや破れ・シミがある状態
当社の基準にて表記させて頂いております。なお、ヴィンテージ古着に関しましては、年代を考慮してあります。

Your recent history

Blog/ブログ